和歌山・元寺町の焼き肉店「炭火さらい」が3周年 35歳店主は焼き肉歴15年 /和歌山(みんなの経済新聞ネットワーク)

  • 2018-8-31

 和歌山・本町公園近くの焼き肉店「炭火さらい」(和歌山市元寺町、TEL 073-422-3929)が7月で3周年を迎えた。(和歌山経済新聞)

店名を冠したメニューの「厳選さらい盛り」とホルモン盛り合わせの「白盛り」

 店主のサラ井(サラ=さんずい偏に新)佑介さんは、焼き肉店「スタミナ軒」(北島)での4年間の勤務をきっかけにもっと焼き肉を学ぼうと決心。「最前線で学びたい」と東京で焼き肉チェーン「焼肉トラジ」(東京都)にアルバイトとして飛び込み、スピード出世で店長になり4年間務めた。同社先輩社員が独立開業した「ここから屋」(大阪市)でも4年勤務し、計12年の修業を経て32歳で独立し炭火さらいを開店した。店舗面積は20坪、掘りごたつ席12席、テーブル席26席。

 サラ井さんは「もともとは、ただの焼き肉好きだった。偶然食べに入ったスタミナ軒店主が『人手が足りないと』とぼやいてことがきっかけで働き始めた。自分の店を持ちたいとは思っていなかったが、働くうちにもっと焼き肉を学びたいと思うようになった。修業させていただいた3店の良い所を全て取り入れた店作りを目指して炭火さらいを始めた」と話す。

 焼き肉メニューは、「赤盛り(赤身盛り合わせ)」(2,300円)、「白盛り(新鮮ホルモン盛り合わせ)」(1,000円)、上ロース(1,280円)、ハラミ(800円)、塩タン(900円)、 ホルモン各種(500円~)、白ネギの盛り合わせ「ネギバカ盛り」(300円)など。そのほか、トラジのまかないを再現した「石焼き肉めし」(900円)、キムチとナムルを混ぜ合わせた「ごちゃまぜ盛り」(650円)など。

 ドリンクメニューは、生ビール(450円)、ハイボール(400円)、グラスワイン(赤・白=450円)、「黒牛純米」、韓国の焼酎「チャミスル」360ミリリットルボトル(以上900円)、ソフトドリンク各種(200円~)など。

 「修業を始めてから現在まで、和歌山市内の焼き肉店はほぼ全店、さらには大阪の焼き肉店の聖地・鶴橋の焼き肉店もほぼ全店食べ歩いた。どこの店にも負けない肉を提供できているという自信がある。ぜひ一度食べに来てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~24時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】

ページ上部へ戻る