台風24号北上 窓ガラスや屋根などに被害(MBC南日本放送)

  • 2018-9-29

MBC南日本放送

台風24号により、窓ガラスが割れたり、屋根が飛ばされるなどの被害が広がっています。

徳之島の天城町では役場の窓ガラスが割れたほか、住宅数棟で屋根が飛ばされたり窓ガラスが割れるなどの被害が出ているということです。

徳之島町亀津では2階建てアパート1棟と住宅1棟の屋根が飛ばされました。また奄美大島の宇検村では、村の診療所の窓ガラスが強風で割れましたが、けが人はいませんでした。
龍郷町や与論町でも住宅の屋根が飛ばされる被害が出ています。

また、奄美市の「あまみエフエム」では、強風で鉄塔が折れ、29日午後9時半ごろから奄美市内の一部で放送が聴けない状態だということです。
和泊町の県道621号では、道路沿いの電柱3本が倒れ、道をふさいでいるということです。

また九州電力によりますと、奄美市や徳之島町など奄美群島のおよそ6万6100戸が停電しています。

自治体の避難情報です。現在「避難勧告」が、奄美地方と種子島・屋久島地方の全ての市町村と鹿児島市の磯・竜ヶ水地区、姶良市、垂水市、南大隅町、肝付町に出されています。

MBC南日本放送 | 鹿児島

【関連記事】

ページ上部へ戻る